医院開業:HOME > 

医院開業お役立ちコラム

 > 開業立地の選定方法

医院開業お役立ちコラム

開業立地の選定方法

新規開院にふさわしい立地とは

医院開業をするにあたって、立地は最も重要なポイントといっても過言でありません。
なぜなら立地は開業後に簡単に変更できる要素ではないからです。
立地条件は、クリニックが成功するか否かを大きく左右するのでしっかり吟味するようにしましょう。

開業地の選定にあたってまず考えるのは、
自宅からの通勤時間、元の勤務先からの距離、土地のイメージ、子どもを通わせたい学区などでしょう。
しかし、「自分にとって都合が良い立地」=「新規開院にふさわしい立地」とは限りません。

開業地を選定するには、ご自分の都合とマーケティング、
開業時期等の様々な要素のバランスを取りながら判断する姿勢が必要となります。

診療圏調査について

そのために重要なのが診療圏調査です。
診療圏調査とは、開業候補物件での来院見込み患者数を各種デ―タを基にして推定するというものです。診療圏内における人口動態や人口分布は国勢調査を元に、受診率は厚生労働省による患者調査を元に算出されます。

そして診療圏調査データ結果以外にも考慮にいれなければならない地域の特性があります。
例えば物件によっては直線距離が100mしかないのに川や国道などで分断されていて、実際には来院につながる地域ではなかったりするようなことがあります。
また人の流れは実際に足を運んでみないと分からない要素です。駅が近いからといって人が集まるとも限らず、商業施設が並ぶロードサイドの方がにぎわっている場合もあります。
データだけに頼らず、実際にその場所に赴いて、朝・昼・夜、平日・休日と人の流れを体感してみましょう。

カテゴリー:医院開業への道

  • 投稿日: 2017/11/27 (月)
バックナンバー
  • コラム一覧へ戻る

新着コラム

カテゴリー

アーカイブ

医院開業についてお気軽にご相談下さい

医院開業をお考えのドクターはこちら

  • お問い合せ
ページの先頭へ戻る